先日の嬉しいお知らせに引き続き、もうひとつ嬉しいこと!
◆第2回NOBUNAGAファーストステージを受賞しました!


みえぎんビジネスプランコンテスト2016で、準グランプリを受賞しました。正式なプレスリリースは先日行われていて、金曜日に授賞式&ビジネスミーティングに出席しました。 
http://www.miebank.co.jp/mir/professional/businessplan2016_result01.html


場所は四日市商工会議所です。

2017-01-11-10-42-33


2017-03-10-14-04-28

こちらで授賞式で、今年2回目の賞状をいただきました。
image

その後で、受賞者が順番に自分のビジネスプランを発表。プレゼン15分、質疑応答5分、計20分の持ち時間。

2017-03-10-14-29-27


2017-03-10-14-41-06

毎回のことながらプレゼンは緊張します。きっと、しっかり準備と練習をしていれば、そんなことにはならないのでしょうけど、慣れないです。


今回の『みえぎんビジネスコンテスト』には、約50件の応募があったそうです。グランプリが取れなかったのは少し悔しいですけど、その中から選んでいただいたのはありがたいこと。

資金繰りをはじめ、会社の認知度UP、事業そのものについての将来性(適当な言葉が見当たらない)を客観的にみるため…などなどの理由で、関係者の皆さまからご案内いただくビジネスプランコンテストには可能な限り応募してきました。

ただ、徒労に終わることも多いので、受賞の後に何があるのかも考えるようにもなりました。で、今回、三重銀総研さんのこのコンテストは、審査の過程で審査員の方々から書面でアドバイスをいただいたり、個別面談があったり、受賞後は1年間はコンサルの人にサポートが受けられるなど、サポートが手厚くビックリでした。

2016-12-08-14-50-47

一次審査の段階でこのようなフィードバックがいただけるという…審査する側も真剣に見てくれていることが知れるし、今後自分がどのように事業を進めていくのかの参考になるので、応募しただけでも価値がありました。


こちらのコンテストも、遡るところ昨年7月に登壇させていただいたイブニングピッチがきっかけ。



そこで私たちタベル・プラスの取り組みに興味をもってくれた人が、その後は営業面や資金面などの相談にのってくれて、そこでまた人を紹介いただいて…応援してくれる皆さまの存在は本当にありがたいものだと思います。

さて、私はというとお世話になった皆さまに、いち早く「良い報告」をお届けしたい。その為には頑張らないと!です。気合いだけでなく、課題を1つずつクリアしていきます。頑張ります!


■みえぎんビジネスプランコンテスト2016の表彰式の様子を新聞に掲載いただきました。
2017年3月11日 新聞掲載|みえぎんビジネスプランコンテスト2016|タベル・プラス
https://taberuplus.me/?p=1994
伊勢新聞、中部経済新聞の2紙です。


■料理人(飲食店)と農家(生産者)をつなぐサービスChef's Clipについてはこちらから
https://taberuplus.me/chefsclip/    

アプリダウンロードは無料なので、ぜひ試してみてください。よろしくお願いします!    
iOS版 / Android版