タベル・プラス代表 佐藤久美子の「しなやかに生きる」blog

名古屋から全国へ!ITで食と農が抱える課題解決に取り組むベンチャー タベル・プラス㈱代表 佐藤久美子のブログです。

■私が取り組んでいる事業■
「100年美味しいシアワセを繋ぐ」をミッションに掲げ、ITで食と農を元気にすることです。

Chef's Clip(シェフズクリップ)を運営しています。
https://chefsclip.me/

野菜で、料理に感動を。
料理を真剣に愛する料理人の方へ、知的好奇心をくすぐる「素材」をお届けするサービスです。
サービス案内 http://taberuplus.me/chefsclip/

タベル・プラス設立以来、オフィスで月1回開催していたタベラボ。

タベラボは、生産者や野菜を料理人や飲食に携わる方々にご紹介するイベントです。試食やサンプルをご用意したり、生産者の取り組み、産地の様子などをお伝えしています。

タベラボについてはHPを見てくださいね。
https://taberuplus.me/?cat=4


今年に入ってから少しお休みしていたのですが、久々に開催します。 当初、明日10/18(水)に開催予定をしていたのですが、日時と開催場所を変更します。


場所は弊社オフィスではなく、愛知県津島市にあるベジタリ菜さんの圃場です。名古屋駅から車で約30分、畑を見て話しを聞きながらローゼルを知ってもらいたいなぁ〜と思ったのです!

IMG_3471


2017-09-21-09-37-45


今は、3品種のローゼルが開花し、収穫しています。品種によって大きさや食感、風味が異なるので、それも体験していただきたいなーと思っています。


ec5c763f-5dea-416d-89f5-6e12a25598f5


そして、畑に来ていただいたからこそ手に取っていただける副産物もあります。


ローゼルの新芽

2017-09-21-09-45-01

シソに近い風味と、オクラの仲間だと感じるヌメリがあります。ちょっとしたアクセントに使っていただくと面白い食材です。


ローゼルの花芽。

IMG_3476


この小さな花芽は丸ごと食べられます。お皿におくと小さな王冠みたいになり、とても可愛らしいですよ。



料理人の皆さまから、

「こんなお料理に使ったら面白いかも~」

という貴重な声もお聞きしたいです。



正式なお知らせはタベル・プラスのウェブサイト&FBページ等でご案内しますが、先にサクッと予告案内します。


写真 2017-09-21 10 03 40


■タベラボ「ローゼル畑を見に行こう!」

■日時
10月24日(火)8:30集合 9時~1時間程度を予定

■場所
ベジタリ菜 圃場
※集合場所は、津島市役所を予定しています。
(愛知県津島市/名古屋駅から車で約30分)

■内容
ローゼル畑を生産者 杉山さんが案内します。
現在、3品種のローゼルが開花・収穫中ですので、食べ比べていただけます。
出荷していない「新芽」も収穫、試食してみてください。

■参加費
1,000円(ローゼルサンプル、資料付き)


料理人の皆さま、飲食関係者の皆さまのご参加をお待ちしています。




どうも、久々にブログを書いています。

振り返ってみたら約3週間も書いていないことに気がつき…FBはちょこちょこ更新しているんですけどね、やっぱりちゃんと書き留めておこうと回心して少しずつブログを更新していきます。
(こうやって書いておかないと、また書かなくなってしまうので自戒をこめて)


さて、今週末はアートな時間を過ごしました。


多治見にオープンしたTree by Nakedへ。

2017-10-14-13-52-37

食とアートのコラボレストランです。

Nakedシリーズはプロジェクションマッピングをコラボさせるプロジェクト。多治見では以前、スイーツカフェを開催していた時に来れなかったので、今回はとても楽しみにしていました!

詳しくは写真をご覧になってください。


2017-10-14-14-05-12

2017-10-14-14-15-03

左側は多治見で作られたタイルで作られた柱。奥のスクリーン(壁)と床にプロジェクションマッピングの映像が映ります。

森は春夏秋冬の移ろい、手で触れると色が変わったり芽吹いたりします。床は池になっていて、歩くと波紋が広がり、水の上を歩いているかようです。




2017-10-14-14-11-06


2017-10-14-14-14-37


2017-10-14-14-17-44

食事は瑞浪ポーク。器は多治見の特産品「陶磁器」です。しかも今風でとてもシンプルでオシャレ、普段使いにも買いたくなる素敵なプレートです。

2017-10-14-14-42-32

ファインダー越しでは映らなかった光が、シャッターを切るとうつります。光の色は、「光の三原色」と呼ばれる、赤、緑、青の組み合わせで作られています。色によって波長が異なり、人の目で見える光、見えない光があって、見えない光が画像に映し出されたんです。

そういうわけで、少し前にはやったオーラ撮影の写真みたいになってしまいました(笑) 何はともあれ、写真撮影が楽しすぎて、長居してしまいますよ。



食もいろんな楽しみが増えていますよね。こういう楽しい体験は当面受け入れられるかと。ぜひ、一度体験してみてくださいね。


Tree by naked
http://naked-inc.com/project/treebynaked/



★料理人(飲食店)と農家(生産者)をストーリーでつなぐサービス『シェフズクリップ』は、ただいま無料会員を絶賛募集中。お名前、Eメールアドレスなどをご登録いただくと、農家や産地、野菜のお話をお届けします。
シェフズクリップの無料会員登録ページへ  






こんにちは。
今日は本格的にローゼルを生産している「べじたり菜」さんの取材に行ってきました!

2017-09-21-10-03-31

私のノートの手前にのっている緑色の物体はポポーという、これまた珍しい果物です。こちらはお裾分けいただいた分です。。。


ローゼルは、ハイビスカスティーの原料になっている花。正確にいうと、ガクとホウを食用に利用します。

2017-09-21-09-38-02

ローゼルの生産者はまだまだ少なく、流通量も限られています。日本では海外産のドライローゼルが流通の大半を占め、フレッシュのものは沖縄県産が少しだけ。

ベジタリ菜さんでは、早生から晩生までの4品種をかなりの量を栽培しています。それは、ベジタリ菜の杉山さんがほれ込んだローゼルを、多くの人に手に取ってもらいたい、その為には安定して沢山届けようという思いから。

「今は市場はなくても作り続けることで、市場をつくっていきたい」という言葉が印象的でした。。


こちらがローゼルの花です。
2017-09-21-09-37-45

アオイ科、オクラの仲間というだけあって、オクラの花にそっくりです。世界にはローゼルの品種は250~300あるそうです。


こちらは新芽。

2017-09-21-09-45-01

食べると少しネバっとした食感があり、シソの葉の風味があり。アクセントに使うと面白いなーと思います。


朝からたっぷりとベジタリ菜 杉山さんの農業や地域、ローゼルへかける熱い思いを伺いました。詳しい内容は「農家つなぐ図鑑」などでしっかりお伝えしていきます!

2017-09-21-10-11-28

2017-09-21-10-12-45

2017-09-21-09-43-10

久々に快晴の下の取材で、気分もとても晴れやかになりました!やっぱり自然に囲まれると癒されて心地いいです。


★お知らせ:ローゼルの取扱いをはじめました!

2017-09-21-09-46-57

出荷が始まったフレッシュローゼルの取り扱いを始めました!ぜひ一人でも多くの料理人の方に、ローゼルの可能性を引き出してほしいと思います!

フレッシュローゼルの取扱いをはじめました!


農場近くにオープンしたばかりだという「あまテラスカフェ」で、モーニングしました。こちらでは、ベジタリ菜さんのローゼルジャムやローゼルティーを楽しむことができます。

2017-09-21-10-46-27

2017-09-21-10-49-10

鮮やかなピンク色とすっきりとした酸味が好みでした。



オマケ:さて、これは何でしょう?

2017-09-21-09-43-44

クコの実ですよ。生で食べたの初めて!特有の苦みはこの時から存在しているのね…という貴重な体験をしました。


ベジタリ菜さん、取材させていただきありがとうございました!




★料理人(飲食店)と農家(生産者)をストーリーでつなぐサービス『シェフズクリップ』は、ただいま無料会員を絶賛募集中。お名前、Eメールアドレスなどをご登録いただくと、農家や産地、野菜のお話をお届けします。
シェフズクリップの無料会員登録ページへ  

↑このページのトップヘ